読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROZETERIA

漫画、アニメ、ゲームなどのエンターテイメント系情報を取り扱うブログサイトです。 ニュース、評論、業界ネタなどを幅広く取り上げていきます。

「Nintendo Switch」ローンチソフト雑感

「Nintendo Switch」と同時発売されるローンチソフトの雑感です。「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では、イマイチわかり辛かったローンチソフトですが、公式サイトに全部載ってましたね。

2017年3月3日発売!ローンチソフトまとめ!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:任天堂

「Nintendo Switch」と同時発売されるローンチソフトの中では一際大きな存在感を持つ目玉作品です。元々、「Wii U」での発売がアナウンスされていましたが、「Nintendo Switch」の登場で、いわゆる縦マルチになりました。「Nintendo Switch」のスペック詳細が不明なので、何とも判断しがたいですが、「Wii U」版との差異はほとんどないのではという感想です。

「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では、トリを飾りました。流されたプロモーション映像では、シリーズ通してのヒロイン、ゼルダ姫が初お目見えとなりました。早速、視聴者達により、「野獣先輩」「イモト」など、人情味溢れる敬称が付けられました。

1-2-Switch(ワンツースイッチ)

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:任天堂

「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で発表されました。「Nintendo Switch」の特徴的なコントローラー、「Joy-Con」をふんだんに使ったパーティゲームです。「Nintendo Switch」の入門用ソフトであり、「Wii」での『Wii Sports』的な立ち位置となります。プロモーション映像では、画面を見ずに対戦者双方が向き合って、「Joy-Con」をかざして早撃ちする西部劇的ミニゲームが紹介されました。テレビゲームでなくなった瞬間です。この必ずしも画面を使わない新しいスタイルは、プレゼンテーションの中でも大きくアピールされているポイントです。他にも乳を思う存分搾り取れるゲームがあったりと、興味をそそられる一本となるでしょう。

『Wii Sports』と異なり、「Nintendo Switch」同梱ソフトでないことから、海外では不満の声があったようです。

ドラゴンクエスト ヒーローズⅠ・Ⅱ for Nintendo Switch

https://www.nintendo.co.jp/software/switch/babka/index.html

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:スクウェア・エニックス

移植作品ですが、『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』と、『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』の2本が収録され、新ボス「破壊神シドー」や、新キャラクター「ライアン」が追加されています。

完全版ってやつですね。ハードウェアを跨いだ完全版商法は、元のハードウェアの持ち主にとってみれば、気持ちのいいものではないようで、やはり、そこが少なからず批判されています。昔あった「Xbox 360」→「PlayStation 3」の流れを思い出しますね。

海外ですが、「PlayStation 4」と「Nintendo Switch」の比較検証記事があります。これによると、エフェクトや照明がトーンダウンし、テクスチャが低下しているとのことです。

http://thisgengaming.com/2017/01/17/dragon-quest-heroes-ii-is-downgraded-on-nintendo-switch-compared-to-ps4-version/

SUPER BOMBERMAN R

https://www.nintendo.co.jp/software/switch/aab8a/index.html

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:KONAMI

まさか、「KONAMI」がローンチソフトを出してくるとは予想外でした。公式サイトの紹介では、「驚きのフォトリアルグラフィック」とありますが、普通のボンバーマンらしいグラフィックです。僕の想像していた「フォトリアル」とは違いました。違って良かったと思います。

信長の野望・創造 with パワーアップキット

https://www.nintendo.co.jp/software/switch/abwua/index.html

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:コーエーテクモゲームス

移植作品です。『信長の野望』の30周年記念作品です。

いけにえと雪のセツナ

https://www.nintendo.co.jp/software/switch/babja/index.html

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:スクウェア・エニックス

移植作品です。名作『クロノ・トリガー』をリスペクトするRPGです。「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では、かろうじて1秒ほど紹介されました。

ぷよぷよ™テトリス®S

https://www.nintendo.co.jp/software/switch/baaca/index.html

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:セガゲームス

移植作品です。「ぷよぷよ」も「テトリス」もプレイしたことがあります。しかし、『ぷよぷよ™テトリス®S』はプレイしたことがないので、どういうルールになっているのかよくわかりません。

魔界戦記ディスガイア5

https://www.nintendo.co.jp/software/switch/aacaa/index.html

  • 発売日:2017年3月3日
  • 発売元:日本一ソフトウェア

移植作品です。「日本一ソフトウェア」は、今後、「Nintendo Switch」に積極的にソフトを投入していく方針のようです。

なお、日経によると、「Nintendo Switch」参入をきっかけに株価が下落したようです。

なんでですか…。

「Nintendo Switch」ローンチソフト雑感

多くのユーザーは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を購入するでしょう。それ以外のソフトは、ほとんどが移植作品ですし。ローンチソフトのラインナップとしては、少し寂しいものがあります。後は『1-2-Switch』が、乳搾りというネタでどこまで売り上げが伸ばせるか注目です。

ローンチソフトのラインナップが少ない理由について、「Nintendo of America」の社長、レジナルド・フィサメィ氏がインタビューで言及しています。ソフト販売が途切れないように、大作リリースの間隔を開けるためとのことです。

単なる虚勢の可能性もありますが…、今後のラインナップに期待しましょう。